ライナーノーツNO.8 アルバム「THOUSAND DREAMS」 8曲目 TIME TO RELAX

ライナーノーツ8
アルバム「THOUSAND DREAMS」



曲解説
8曲目 TIME TO RELAX


エレピがけっこう多くの曲で使っているので(それでも曲ごとに、音色は違うのだが😨)、せめて1曲、艶のあるアコースティックのグランドピアノの音色を使いたいと思い作った曲。
私の場合、意識しないで曲を作ると、7thコード、sus4が多くなる傾向にある。
なので、今回はせっかくリッチなグランドピアノを使うのだし、オシャレ感も出したいので、この曲は9thコードで作った。
7thコードとは、また違うオシャレ感😁。

最初作り初めの時、コードについては、M9とadd9、どちらにしようか少し悩んだ。。。どちらの響きも捨てがたい💦。
色々弾きながら悩んだ挙句、M9で決定です!🎉

この曲で、ちょっと困ったところが二ヶ所あった。
イントロとラストである。
私の場合、QY700で元になる曲データを作り込み、スタンダードMIDIファイルにしてipadのCUBASISにデータを持っていき、CUBASISで音色をあてたりミックス作業をしている。
ギターとベースはスタンダードMIDIファイルをPCに送り、standard guitar、standard bassで音を作っている。その後、WAVにしてCUBASISに持っていく。
さて、CUBASISについて、困ったことにテンポトラックがない!😨
PCのCUBASEには有るようだが、、、
イントロとラストは、曲中よりテンポが遅く、しかもだんだん遅くなるという感じなので、さて困った。
同じテンポだと変だ😰
QY700にはテンポトラックあるが、ここでテンポ設定してもCUBASISには無視されるので意味は無い。
そうなると方法は1つ。
イントロとラストはリアルタイムで、クリック無視で入れるしかない。
クオンタイズはかけれない!、クリックは無視、むしろ邪魔になるのでクリックは消音。

まずはイントロ、、、、まぁいいんでないかな✨
ラスト、、、いいねぇ☀️、全部の楽器の息もピッタリでないかな😁
変にテンポ設定して、テンポトラックで徐々にテンポ落としていくより、いいんでないかな、自然で。
ライブとかだと、けっこうあるよね、こういった入り方と終わり方。
最後の、ギターのバイオリン奏法もキマッた👍

曲のイメージは、
「寝る前のリラックスした時間」
をイメージしたものである。

この曲を聴いて寝る前にリラックス、、、できるかな?😅


橋本行正の3rdアルバム「THOUSAND DREAMS」、好評配信中!!
貴方も1,000の夜と1,000の夢を体感しよう!!
https://big-up.style/UmDXzWKpBh


THOUSAND DREAMS.jpg

この記事へのコメント

人気記事